会社案内

社長あいさつ

七代目 信田 圭造 七代目 信田 圭造

「材質・加工・厚み・寸法・重さ・形・色の
すべてに使う人の立場に立った「こだわり」を持ち、
追求を続けています。」

「包丁一本サラシに巻いて」と歌謡曲にも唄われているように、包丁は専門の調理師さんにとって命に値するものであり、また、家庭の主婦にとっても日々の必需品となっています。

この包丁やハサミの生産地は、昔から今日に至るまで堺市が全国一の実績を持ち続けています。古来の伝統による刃物の製法の上に加えて新しく現代の科学の粋を取り入れて優秀作品を多数製造して新時代の要求に応えています。どんな形の包丁も作る自信のある職人さんが作ります。どうぞご用命くださいませ。

会社概要

会社名 株式会社 和泉利器製作所
創立年月日 創業文化2年(1805年)
会社設立 昭和42年12月1日
代表者 信田 圭造(七代目)
本社営業所 大阪府堺市堺区九間町東1-1-5
臨海工場 大阪府堺市西区築港浜寺西町2
資料館<要予約> 大阪府堺市堺区九間町東1-1-3
資本金 1,000万円
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 堺支店
三井住友銀行 堺支店
主要営業種目 包丁・鋏・調理用各種道具・鍋・木製品・輸入包丁
従業員数 29名
主な取引先 高島屋 阪急百貨店 近鉄百貨店

沿 革

1805年 堺刀司創業。
包丁、鋏、調理用品を製造販売。昭和御大典 悠紀斎田御稲刈鎌御採納を賜る
1942年 11月18日、昭和天皇鋸御買上を賜る
1959年 今上天皇御成婚の際料理包丁献納
1970年 堺市桜之町に刃物資料館開設
1975年 堺市築港浜寺西町に臨海工場完成
1985年 1月、全国伝統的工芸品展にて通産省生活産業局長賞受賞
10月、順宮厚子(昭和天皇皇女)様桜之町と資料館の見学と本社御休憩の栄を賜る
1987年 とうじの道具のブランドで『プロが使う調理用品を主婦の方々に』をモットーに約1,000種類作成。セラトージブランドで京セラ様と共同開発のセラミック包丁を従来の1/2以下の価格で販売できる技術改革を行う
1990年 本社横に物流倉庫とサンプルルーム、ならびに新製品開発と商品テスト用システムキッチンルーム完成
1994年 同年より放映の『料理の鉄人』の料理道具、包丁、鍋等を提供
1996年 同年より放映の『SMAPxSMAP』ビストロスマップの、料理道具、包丁、鍋等を提供。平成8年度全国推奨観光土産品審査で、日本商工会議所会頭賞受賞
このページの先頭へ